出発!

東北地方医療救護支援活動第2班が本日、

陸前高田に向けて出発しました!!

今回は、K野医師、S本次長、F田課長、T中Ns、K子薬剤師の5名です。

b0225823_17374793.jpg
気をつけて行ってらっしゃい!!038.gif



b0225823_17382853.jpg
ばいばいぁ~ぃ~!!029.gif

b0225823_1742342.jpg


事務長もお見送り^^


ではでは
# by td2edck7 | 2011-07-01 17:42 | 番外編 | Comments(0)

食事介助の勉強会

当病院グループの介護を担う部署を メディカルサービス部 といいます。

私達、メディカルサービス部内に教育委員会を設け、メンバーを選出し、

年間教育スケジュールを計画し、毎年度、勉強会を実施しています!

接遇研修や新人研修、選択性学習やリーダー研修など、いろいろなスタイルの勉強会を計画します。

で、今回は、選択性学習のひとつ、食事介助の勉強会の様子を紹介します^^

b0225823_10511880.jpg


この人、今年の教育委員長のK斐係長。(名前は半分イニシャル)

ショートステイ施設で勤務中!!

スタッフ教育に命を燃やしています!!

今回の食事介助の勉強会では、病院予防通所介護で勤務中のS藤さんと、

療養病棟で勤務中のK倉さんが講師を勤めました!

b0225823_10563355.jpg


勉強会は、食事介助に伴う心構えや基本の動作、応用など、

約30分間、短時間集中型で行われました!

b0225823_1133818.jpg
 

b0225823_115812.jpg


実技も交え、皆真剣に、面白おかしく勉強会は進みました^^


このように、部署内から講師を立てて実施することで

講師になる者も、スライドや原稿を作ることで、その技術の勉強ができ、

また、人前に立って話をすることで度胸がつき、

今後の人生に、きっと役立つと考えています。

b0225823_11172240.jpg


今回の勉強会実施メンバーです。 パチリ!017.gif

プロジェクターで顔がテカッてますやん^^;


勉強会は今後も続きます!

また、継続して紹介していきますよ!

ではでは029.gif
# by td2edck7 | 2011-06-27 11:23 | 勉強会 | Comments(0)

蚊ぁ~

今回は どうでもええやんかネタをひとつ

が ぷぅ~ん と飛びまくりやがる季節になってしまいました002.gif

事務所の中にまで入りやがり 老若男女 関係なく

お構い無しに刺しまくりやがる022.gif

そんな憎き  を見つけるたびに 

事務員総出で? 退治 を試みるのです!!

が、しかぁ~し!! 

すぐに逃げられたり

「パチッ!!」と叩いても 

b0225823_15105316.jpg手がずれてたり008.gif



あるいは 追いかける気力の無い職員や

蚊に刺されてても気付かなかったりする職員も。。。



みんな もうろくしてきた・・・・・・。


ということで、情けないことに撃退率は低く 逃げられるのです015.gif


そこで!!

こんな情けない状況を一変するため あるグッズを用意しました!!

じゃじゃじゃーーん

b0225823_15114868.jpg


「ナイス 蚊っちーー!!」

ボタンを押すと ラケットの面に微弱電流が流れて

狙いを定めて叩いてやると 「パチッ!」「ひゅるひゅるぅ~」っと

b0225823_15131522.jpg


撃墜できる優れものなのです!!


これからは こいつを使って

「サーブ」「スマッシュ」「ボレー」

時には「キラーパス」

ん?? 「パス??」 なんかのスポーツと混じっとるなぁ~・・・。


など必殺技を繰り広げ

事務所職員が連動して 蚊 を撃退していきたいと思います。


え? 「そんなんせんでも キンチョール撒けばええやんか。」 てか?


まっ! 楽しくてええやんか!


b0225823_15183017.jpg



どうでもええことでした029.gif
# by td2edck7 | 2011-06-24 18:30

先日、陸前高田へ医療支援活動に参加してきました。

当院からは、医師1名、看護師1名、薬剤師1名、理学療法士2名、事務職1名の

6名体制で応援に入りました。

場所は岩手県立高田病院の仮設診療所、

b0225823_143221.jpg


米崎コミュニティーセンター という所で医療支援を行ないました。

現地には、当院からだけでなく同じ三重県から尾鷲病院さんや

東京都や浜松市、秋田県など、いろいろな都道府県、市町村から応援に来ていました。

尾鷲病院さんは、陸前高田市をはじめ、釜石市や大船渡市など、

今回、大きな被害に遭われた場所と地形が似ているため

他人事ではなかったのではないでしょうか。

b0225823_1422915.jpg


米崎コミセンは高台にある公民館のようなところを診療所しているので

階段があり段差があり、足腰の不自由な患者さんには大変な環境でした。

b0225823_14125977.jpg


診療所内でも転倒されそうになったりすることが度々ありましたが

応援期間中は、大きな事故には繋がらず、ほっとしたところです。

普段、介護業務に携わっているので、その経験が生きることが多々ありました。

それ以上に難しかったことは、方言や訛りの理解です。

特に名前など理解できないことも度々あり、何度も聞き返し、ご迷惑を掛けました。

津波の被害で大切な家族や友人、家や財産など多くをなくされている患者さんが多く

大変な生活を強いられているはずなのに、私達の失礼を気にもせず、

「ご苦労さん」 「ありがとう」 「遠方からよく来てくれた」と

感謝、労いの言葉を掛けてくれた方が多く、現地の方々の優しさを感じることができました。

また、杖を失った方を多く見かけ、自身に合わない杖を使っていたり、

スキーのストックを杖代わりにして歩行されている方も見受けられましたが、

上手に使いこなしている方が多く、そんな姿を見て、

可哀想にと思う一方で、逆境に立ち向かう被災地の方々の力強さも感じることができました。

また、高田病院のスタッフも被災者であるにもかかわらず、

しっかりと仕事をこなしている姿に感銘を受けました。

b0225823_14255053.jpg


県立高田病院は巨大津波によって三階まで浸水し、多くの命と機材が流されました。

その時の様子を、高田病院の院長先生に聞くことができました。

津波が押し寄せてきた瞬間のことや、屋上に非難していたときの様子など

辛く悲しい体験であるのにもかかわらず、詳しく話して下さいました。

貴重な体験談を聞かせていただき感謝しています。

b0225823_11114799.jpg


b0225823_11124193.jpg


b0225823_11131349.jpg


期間中に大船渡市や気仙沼市にも足を運びました。

陸前高田市は重機が入り、わりと片付いている感じがしましたが、

2市に関しては、写真のように、ほとんど手付かず状態のところがほとんどです。

b0225823_1117883.jpg


大きな船も打ちあがり、匂いも酷く、惨状を目の当たりにしました。

この現状が少しでも早く良くなることを願うばかりです。


同じ日本で起きた大災害を目の当たりにして、大きなショックを受けたとともに、

今後も、何らかの形で継続的に支援をしていかなければならないと強く感じました。
# by td2edck7 | 2011-06-21 17:30 | Comments(0)

琴 演奏会♪

5月30日から6月4日までの約1週間、岩手県立高田病院さんの仮設診療所へ

医療救護支援活動に参加してまいりました。

このときの様子は後日アップしますることとしまして、

今回は

富田浜病院の4階にある 回復期リハビリ病棟 で行われたイベントを紹介します。

その前に 簡単に病棟の紹介を。

b0225823_17372598.jpg



回復期リハビリ病棟は平成20年に開設になった病棟です。

退院に向けて、頑張ってリハビリを行う病棟で、在宅復帰率は80%以上です。

この病棟は、QOL(生活の質)の向上も目指しており、

また、季節行事なども取り入れたさまざまなイベントも実施していますよ。


で、琴演奏会が開かれましたので紹介します。

b0225823_17382752.jpg


小林係長の知り合いの方2名と 娘さんに来ていただきました!!

b0225823_17392730.jpg


琴の音色はいいですねぇ~060.gif

和の雰囲気が素敵です!!

患者さんも しばらく琴の音色に聴き入っていたそうです!

b0225823_1742854.jpg


琴の演奏会以前は

b0225823_17492195.jpg


日本舞踊会なども実施しています^^


と、このように 回復期リハ病棟では通常の業務だけでなく

患者様に喜んでいただけるようなイベントを実施し 頑張ってますよ!!


その他、回復期リハ病棟では オリジナルの体操も日課として取り入れています!

この様子は、次回に機会を設けて紹介したいと思います!


明日は新人歓迎会ですよ!

小林係長!!! また、出番ですなぁ~038.gif


では、さようならぁ~070.gif
# by td2edck7 | 2011-06-06 16:17 | 富田浜病院 | Comments(0)