老健通所リハビリテーションが開設されたのは 平成10年のことです

この20年間 老健通所で100歳のお誕生会をした方は 3名です


昨日 2月11日(月)建国記念日

3人目の100歳誕生会を行いました!!

100歳を迎えた利用者さんは 天野はるをさん

以前 ↓ この記事で紹介させていただいたお方です

※ 顔写真とお名前の投稿のご許可をいただいています


以前の記事で

100歳を迎えたら 盛大なお誕生会をやりましょう!

と書きましたが

とうとうこの日がやってきました!


b0225823_09323765.jpg
照れくさそうに花道を進んできた天野さん

その日のご利用者さんとスタッフたちの大きな拍手に迎えられました

b0225823_09345534.jpg

ご家族さんたちにも参加していただき みんなでお祝いしました!

そして 天野さんお得意の 「詩吟」を2曲

ご披露していただき 100歳とは思えぬ素晴らしい声で歌っていただきました

b0225823_09405525.jpg
老健通所に参加するようになってからの親友 川上さんは

本来火曜日のご利用なのですが みんなと一緒にお祝いしたいと

利用日を振り替えてお祝いしていただきました

川上さんにも一言 お祝いのお言葉をいただいた際に

天野さんは感極まって涙されていました


天野さんの100年の歴史の中に とても興味深い 

恋のお話があります  ※切ない恋の物語です142.png

でも 天野さんからは「誰にも言わんといて」と釘を刺されていますので

披露はできませんが 代わりに

老健通所 初代100歳の森さんの恋ばなを・・・

大好きな恋人がアメリカに行ってしまうことになり 「私もついていく!」 と

しかし 親 兄妹からは猛烈な反対にあいます

しかし! 彼を愛する想いを断ち切ることができず

反対を押し切り 彼を追いかけてアメリカへ行ってしまいました・・・・と

「追いかけてヨコハマ」どころの騒ぎじゃございません

え? その後 彼とどうなったか?  ・・・・ すいません 忘れました119.png

・・・今の若者に負けず劣らずの恋ばな 

素敵な恋愛体験があったのですね!



最後に 天野さんに一言お言葉をいただいたのですが

やはり 天野さんらしく 家族や職員 利用者の皆様や ご先祖様への

   「感謝」の気持ち

がとても伝わってきました


そして 頑張り精神が衰えず気力十分 なところはまったく変わりません

人生の大先輩から学ぶ・・・

このようなお方が近くにおられることに感謝をし

私たちも頑張っていきたいと思います


b0225823_18464791.jpg
101歳 102歳と いつまでもお元気で!

by td2edck7 | 2019-02-12 10:07 | 通所サービス | Comments(0)

めっちゃ寒い日でしたが

うちのマラソン部は燃えてます166.png174.png



今日は津シティーマラソンの応援に行ってきました!

先日 引退したレスリングの吉田沙保里さんもスペシャルゲストとして

応援にかけつけてくれました
b0225823_13540771.jpg
マラソン部の連中の雄姿を写真におさめようと

待ち構えておりましたが
b0225823_14150383.jpg

参加賞のピンクTシャツを着て走ると ベビースターラーメンが貰えるらしく

多くのランナーが着て走ったので 誰が誰だかわかりません 探せませんで

お手上げでした

b0225823_14074449.jpg
みんな無事完走できてよかったです

参加されたマラソン部のみなさん 寒い中お疲れさまでした


b0225823_14203791.jpg


PS マラソン部メンバーの横尾君は 今日は愛媛マラソンに出場です^^




b0225823_14295390.jpg

by td2edck7 | 2019-02-10 14:31 | クラブ活動 | Comments(0)

体内時計の話

今日は 通所サービスの利用者さん向けの勉強会を開催しました

今回の勉強会は 健康増進センター橋本さんに担当していただき

栄養シリーズ第1弾 「体内時計を整える」と題し

開催しました!
b0225823_17394318.jpg

栄養シリーズなのに なぜ 体内時計 か?

体内時計と栄養の関係性は 健康な体つくりにおいて

とても重要なのだそうです

体内時計と聞いて何を連想します?  私は 腹時計 ですが・・

この腹時計も 体内時計の一つなんだそうです

規則正しい生活リズムを身に付けると

たとえば 朝7時に起きて1時間以内に食事をする その6時間後に昼食を摂り

その6時間後に夕飯を摂る そして起きてから16時間後に寝る という具合に

まずリズムを整え その次に 朝 昼 晩に 食べるべきものをしっかり食べることで

初めて健康な体作りができるそうです


規則正しいリズムと食事ができると 結果 どのようないいことが得られるか

むくみ解消 便秘解消 深い眠り 体重減少 精神安定 

などなど

日頃私たちが悩まされていることの解消につながるそうです

健康にと 食べ物に気を付け 運動に気を付けることは良いことですが

体内時計が狂っていたら意味がないということで

まず 体内時計を整えましょうという勉強会でした


この勉強会はシリーズ化していき 今DVDも作成中です

今後 いろいろな方々に紹介できるように計画中です

お楽しみに♪


by td2edck7 | 2019-02-08 17:40 | 通所サービス | Comments(0)

先日は節分でしたね 豆 撒きました?

ナベさん家は 数年前から撒かなくなりました

私 「ナベさん」の苗字は「わたなべ」ですが

全国の「わたなべさん」達は 豆まきをする必要がないのだそうです

というのは その昔 渡辺綱(わたなべ つな)という侍が

京都で暴れる鬼の頭領、酒呑童子や子分の鬼たちを成敗したことから

今も鬼達は「わたなべさん達が怖い・・・」のだそうです

なので 全国の「わたなべさん」は「鬼は外ぉ~」と豆まきをする必要がないらしいです(笑)

ですので「福は内ぃ~」だけにして あとはボリボリ食べましょう!

雑学はここまでにしといて

この先生 鬼ではありません(失礼しました129.png

            
b0225823_16143017.jpg



お医者さんであり 経営コンサルティング会社の社長であり

最近は良くテレビにも出演されており マルチに活躍されている

優しく男前の 裵英洙先生です

富田浜病院グループも 裵先生にお世話になっており

先日 先生による ブランディング戦略の講習会が開催されました


b0225823_16103478.jpg



で その講習会がどんな内容だったかを簡単に紹介します


今 全国8,500病院あるなかで 赤字経営は7割にも上り

医療業界は厳しい時代が続いるようです

患者さん 地域の方々 職員に選ばれる病院にならないと

今後ますます厳しくなり生き残れません

このような時代の中で 素晴らしい医療や介護をしていたり 地域の方々への取り組み

職員が楽しむことのできる行事などなど

とても魅力的な病院・施設として頑張っているのに

残念ながら認知度が低い病院は多いのだそうです


三重県のことを例にすると

牛肉がおいしい パワースポット 世界遺産の数 日本文化が感じられる などなど

食べ物や観光地など全国ランキングが 1位や上位を占めているものが多く

魅力的なものがたくさんあるのにもかかわらず

これらを含めた三重県全体の魅力を 地域ブランドランキングにすると

残念ながら 全国ランキングの真ん中以下・・・・なんだそうです


では 「いいこと一杯あるから来てね!」

と認知度 知名度を上げていくことがブランディング戦略なんか? というと

それだけではないのですね

質の高い良いものがたくさんあっても 職員が

「自分たちの職場の良さを知らない」
「自分の職場に関心がない」

ではどうしようもなく

いい病院ですよと ホームページなどで謳っても

中で働く職員たちの対応が悪ければ

実際に来ていただいた患者さんや利用者さんの

「裏切られた感 騙された感」に繋がり

悪いイメージが口コミで広がり 最悪の結果になってしまいます


ブランディング戦略で大切なことは

①患者さんや利用者さん 地域から求められること期待されること
②自分たちができること 強み
③自分たちがやりたいこと 意思

なんだそうです

当然に患者さんや利用者さんは それぞれに病院や施設に求める「期待」する

ことはあると思います

すべての求めに応えることはできませんが できること「強み」を増やしていくことは可能です

そして それができる・できたと感じた時

「こんなこともやってみたい やりたい」

という「意思」が生まれるというサイクルのようなもので

期待 と 強みと と 意思が うまく交わった時に

「認知」され「信頼」され「愛着」を持ってもらうことのできる

ブランディング病院となるイメージです


言葉でいうのは簡単ですが

これを形にしていくには 職員ひとりひとりの理解や協力 やる気がないとできません

富田浜病院グループでは3年前から 理事長をはじめ 院長を中心とした

ブランディング計画に取り組んでいます


ブランディングには アウター(外向け)の取り組みも大事ですが

インナーブランディング(職場内)の取り組みも大事で

職員の職場への興味や知りたい気持ちを持ってもらうことがキーとなります

しかし 「興味を持ちなさい」「知りなさい」 と言っても

どう興味をもってどう知ればよいのかわからない人も多いです

そこで T-Force というチームが3年前に立ち上がりました

院長を中心とした7名ほどのチームで

富田浜病院の良いとこを集めて伝え 好きなり 活気を与える活動を力を入れています


かっこいい名前ですね

アイドルグループの名前のような・・・

秘密戦隊ゴレンジャー的な・・・・ 「売り込み戦隊 T-Force」 ちゃうか^^

なんか わくわく感 があります

このチームが今 インナーブランディングとして(職員向け)積極的に活動しています

どんな活動をしてきたのかを 少し紹介しますと

理事長と院長の似顔絵チロルチョコを作り トップとスタッフの距離感を縮める活動や

100人の職員に 職場のいいことをフリップに書いて写真を撮って DVDを作成した100人プロジェクト

それぞれの部署の仕事内容や働く人たちなどを紹介し 部署間の距離を縮める取り組み T-Walker

などなど 素敵な活動を一生懸命やってきました

T-Forceメンバー達は 職員に富田浜病院の良さ 楽しさ 素晴らしさを

もっともっと知ってもらい活気あるグループになるように努力しています


b0225823_16111816.jpg



私たちも T-Forceメンバーの活動の意味を理解し協力し

富田浜病院グループのことをもっとよく知ろうと

「知る」ことをもっと意識して「関心」を持っていきたいと思います


私 「ナベさんは」 ブログの更新が月1回程度で少ないので

これからは最低月3回・・・・・いや 最低2回 (へっとるやないか!)

を目標に ブランディング戦略の一助になれるように

楽しいブログ作りに勤しみたいとおもいます^^


ブランド戦略にゴールはあるのかな? 

世の中たくさんブランドと呼ばれ認知され人気のある場所や物は

たくさんありますが それらの多くはやはり

今も尚 継続し日々努力していることで 多くの方々にご愛顧いただいていると思います


富田浜病院は100年を迎えました

これからも もっと地域の皆様や職員に信頼され愛される病院・施設となるように

頑張っているところです


b0225823_16115178.jpg

先生 どうもありがとうございました!


by td2edck7 | 2019-02-07 09:18 | 勉強会 | Comments(0)