富田浜病院グループのスタッフを対象に

ヨガ教室をはじめました

b0225823_16183237.jpg


ヨガは腰痛予防やストレス対策に効果があるといわれていて

「ヨガ教室に通いたい!」 というスタッフは多いらしいのですが でも

時間が作れないなどで なかなか続けることが難しいようです

われわれ介護スタッフの中には 腰痛持ちがたくさんいます

そこで われわれ介護部の教育委員会が中心となって 

「ヨガがしたい!」という声に応えるべく

介護部の甲斐係長たちが企画を練り 包括の藤島課長がインストラクターを連れてきました!

b0225823_16253121.jpg


一昔前はヨガというと ターバン巻いた人が体中の関節を曲げ倒して

クネクネといろんな軟体ポーズをするイメージがありましたが

そんなイメージは今はありませんね 

誰でも簡単に気軽にできるようなイメージになりました

体が柔らかくないとできないとか そんなことはなく

体がカチコチの人でも誰でもできるやさしいヨガなのです

b0225823_16261367.jpg


野球の軟式ボールを踏んで足裏のつぼを刺激し血流を良くする事から始まり

息をゆっくり吸って吐いてを繰り返し 体の硬い部分を少しずつほぐし

ジワジワとにじみ出る心地よい汗を感じます  

やさしい音楽とともに 心の芯までやわらかく

心身共に健康になれるような気がします

b0225823_16412672.jpg


患者さんや利用者さんのお世話をさせていただく者たちとして

自分達の体のケアをすることも とても大事だと思うので

この企画 すばらしいと思います

b0225823_13332253.jpg



たくさんのスタッフが集まるYOGAイベントとして 定着すると良いですね
b0225823_17205013.jpg

ようやく満開になった桜

やっと咲きそろったのに 昨日の強風で散ってしまうかと思いきや

見事に咲き誇っています
b0225823_16303560.jpg
今年の桜は 寒さのせいで開花が遅れましたが

新人さんたちは遅れも早まりもせず

時間通りにきちんとやってきました

b0225823_16170684.jpg
河野理事長担当の病院説明・病院の歴史オリエンテーションをはじめに

いろいろ部署のオリエンテーションを実施しました

理事長のお話の中で 30数年前に四日市への赴任話が出た時に

四日市は公害の印象が強く ためらっていたそうですが

調べてみると 当時住んでいた東京の京浜工業地域周辺のほうが

四日市よりも空気が悪かったので 

「まあ、それならいいか」と

赴任を決めたというお話が 面白かったです^^

b0225823_16302483.jpg

われわれ介護部も毎年午前中に 新人オリエンテーションを実施しています

内容は挨拶から始まり 坂本部長の社会人基礎力の話や

介護部の概要や教育活動のこと介護技術のことなど

いろいろ教えています

数年前に 基本的な介護技術のオリジナル動画を作成しましたので

最近はこの動画を活用しています

この動画の介助方法は われわれが普段実施しているやり方を

そのまま動画にしており 物品や場所 出演者も

身近なものばかりなので 現場に出てもとっつきやすい動画で

教えるほうも教えられるほうにも好評です!

おむつ交換 体位変換 歩行介助 シーツ交換などがありますが

もっとレパートリーを増やしていきたいと思っています

b0225823_16304463.jpg
そして今年は ネピアさんにもご協力いただき

おむつ体験や おむつやパットのより細かなあて方を教えていただき

より中身の濃いオリエンテーションにしました
b0225823_16305554.jpg
介護の新人といってもいろいろで

介護の学校を卒業して介護福祉士として働く者もいれば

全く知識・経験がない者もいます

短期間のオリエンテーションでできることは限られますが

それぞれに有意義なオリエンテーションにするべく

われわれ介護部の教育委員会メンバー達は努力しています


今年も新人たちは明るくまじめに参加してくれました

今日から現場に出て本格的に仕事を始めています


今年の桜のように しぶとく強く

そしてやさしい人に成長してください

b0225823_17215231.jpg



1995年12月以来 22年ぶりのドカ雪です

b0225823_14524408.jpg

14日(土)の昼前後から降り出した雪は16日(月)まで断続的に降り続き

辺り一面真っ白になりました

ニュースでは 20㎝とか30㎝とか伝えてましたが そんなことない

多い所で50㎝以上積ってましたに!

b0225823_14494536.jpg

家から出れなくて休んだスタッフもいれば 交通機関が麻痺し遅刻した人

患者さんや職員の車がスリップして動けなくなり救助したり 一日中除雪したりと

えらいことでした

b0225823_14572121.jpg

積雪と17日(火)の路面凍結 屋根からの落雪がひどかったため 

富田浜病院グループの4カ所の通所サービスは安全のため2日間送迎を中止しました

17日は滑って骨折した患者さんが10名もいたということを考えると 送迎を中止して正解でした

18日(水)も凍結していましたが 通所スタッフで前日に利用者さんの軒先の除雪を行い

送迎を再開し 無事に営業することができました 

スタッフや利用者さんに怪我なく無事に営業できたことに 胸をなでおろしています

b0225823_14574867.jpg

この記事を書いているうちに 22年前のドカ雪のことを思い出してきました

その時は降り始めは日曜日で クリスマスイブの夜からだったと思います

3日間ほど降り続き 最終的に50㎝以上積りました
  

 22年前のドカ雪
b0225823_17581225.png

その時の通所サービスも月・火曜日の送迎を中止し 水曜日に再開した覚えがありますので

今回の大雪とスチュエーションがそっくりです^^

こんなドカ雪 次回はいつやってくるのでしょうかね

20年後? いやいや明日かもしれませんに

また明日 降雪予報が出ています

b0225823_14580015.jpg

皆さん 22年前は何歳で何してました? えへへへ・・・

四日市は雪国ですよ

b0225823_14492329.jpg


ジングルベル♬ ジングルベル♬

ブログの背景を 冬っぽくしてみました^^

まるで女性が書いているかのような 清潔感あふれる背景ですが

書いてる人は 実は 野暮ったいおっさんです(笑)


今年も もう「暮れ」です

子どもたちは クリスマスプレゼント 「くれくれ」といって

色めき立っています   親は青ざめてますわ・・・。

1年経つのって 本当に早いですね


今回は 「クリスマスケーキと勝負めし」と題してご紹介します

はじめに 健康増進センターのお客様にご提供する クリスマスケーキ が完成しました

b0225823_1416479.jpg


ジャジャーン♪

名前は  ジンジャーショコラケーキとローズヒップゼリー です

毎年 栄養科のチームパティシエがオリジナルケーキを作っていますが

今年のクリスマスケーキはこれです

ケーキがトナカイになっていて おしゃれで美味しいケーキですよ!

17日から24日までの1週間ご提供しますので 楽しみにしてください


つぎに 野球肘検診です

野球肘検診は 以前の記事で取り上げましたが  (以前の記事は  →  ここをクリック

野球肘検診の新たな取り組みとして 

「スポーツ栄養 ~今必要な勝負メシ!!~」 と題して

橋本・川村栄養士のレクチャーがスタートしました!

b0225823_1418387.jpg


少しだけレクチャーの中身を紹介しますと 

スポーツをする上でのバランスの取れた食事の基本 

・運動に必要な糖質  ・何をどれだけ ・ビタミン・ミネラル

スポーツする日の食事 (試合時間から換算しての食事内容)

どれくらいの時間に何を食べるとパフォーマンスが向上するか などなど

子供たちだけでなく 親御さんも勉強できる内容の

レクチャーです!!

b0225823_14183222.jpg


「試合前には何を食べると試合に勝ちますか!!?」

の栄養士の質問にちびっこたちは お約束の解答で

「カツ丼!」

ブブーー   × です。 試合前は消化の良い食べ物をとりましょうということです^^


ちびっ子たちの肘の状態やストレッチなどの方法とともに

栄養面の勉強もできる とても良い機会ですので

是非 このコラボ企画をご利用ください!


では皆様 良いクリスマスを

メリークリスマス
今回は 社会福祉法人富田福祉会の取り組みを紹介します

富田福祉会の中には在宅介護支援センターというのがあって

地域公益活動を行っており その取り組みの一環として

今回 地域の一軒家をお借りし 住民が集える

「サロン富田浜」

という 地域交流サロンをオープンしました。

b0225823_16133181.jpg


そもそも このサロンを始めたきっかけとしては

富田浜地区には もともと地域住民が集まれる 「憩いの場」が少ないという声があり

また 今年度から社会福祉法人には「地域における公益的な取り組み」が

役割として求められていることから 在宅介護サービスセンターが中心となり

実施いたしました

地域の高齢の方たちが集まり コーヒーやお茶を飲んで甘いものを食べて

おしゃべりしたり 軽い体操をしたりして交流します

b0225823_16171613.jpg



そして もう一つは認知症の方やその家族 専門スタッフも参加し

地域住民が認知症に対する理解を深めてもらい 

認知症の方や家族が

この地域で暮らしていく中で できるだけ暮らしやすい環境に

していくことを目的とした 認知症カフェ

「浜の茶屋」

も開催しています


カフェの営業日は月2回と決まっています

このカフェをどんどんご利用いただき

楽しく生き生きできる交流の場にしていただけると

嬉しいです